カテゴリー別アーカイブ: 未分類

英語を教えています

英語の講師

ほとんどの方にはどうでも
いいことかもしれませんが(笑い)、
私は「英語」を教えていることに
こだわりを持っています。

「英語を」と言う部分にです。

つまり、私は「TOEICを教える」
のでもなく、「英検を教える」
のでもなく「TOEFLを教える」
わけでもなく、

「英語を」教えています。
「英語を」教えているつもりです。
そして、今後も「英語を」教えたいと
思っています。

でも、私が何を言いたいのか、
読者の皆さんはあまり
ピンとこないでしょ?(笑)

個人のこだわりって,そういうものです

 

「先生、TOEIC教えられますか?」

大学では勿論の事、
民間の英会話スクールでも、
教務スタッフや上司から
「先生、TOEIC教えられますか?」
って、きかれる事があります。

もしかしたら、この表現に違和感を
感じるのは私だけ?

でも、なんか答えなくてはと
思い、いつも

「TOEICはどうか知らんけど
私は英語の先生なので
英語だったら教えられますよ」

って答えたい衝動を抑えて、

「TOEICテストがどんなもんかは知っています」

と無難な答えをしている保身の自分が…

 

そもそもTOEICを教えるって…?

なんとなくわかるけど、よく
考えるとおかしな表現です。

TOEICテストの形式や概要を
教えるとかだったらわかるけど。

そもそも私の理解だと
TOEICって英語のテスト
のはずなのですが。

でも、このような言い方、先述
したようにいくらでも見たり、
耳にしたりします。

この業界でも聞くし、英語学習の
本やウェブ・サイトでもみます。

グーグルで”TOEICの勉強”
でフレーズ検索したら
352,000件のヒット。

結構な数ですよね。
心配になります。

何が心配かって?

英語の勉強でなく、
「TOEICの勉強」
「TOEFLの勉強」

が主流になることが。

 

結論

私は英語を教えている
英語の講師です(笑)
マークシートの埋め方を
を教えている者では
ございません。

でも、それ以上に私が英語習得
のために日々努力をしている
英語学習者の皆さんに言いたいのは、
皆さんがTOEICや英検の勉強ではなく

「英語の勉強をしている」

と言う認識を持ってほしいと
言うことです。

「そんなことはわかっている」
と言う人はいいですよ(笑)
今までどおりがんばってください。

You are on the right track!

TOEICとかTOEFLテストの
コースやレッスンを受講
している皆さん、
マーク・シートを埋める
テクニックではなく、本当の
英語力を身につけるため
の勉強をしているか、時々
立ち止まって考えてみてください。

 

Please follow and like us:

日本語でできないことが… 英語でできるわけがない

英語熱は続くでしょうが

皆さんも知っているように、
英語を話せるようになりたい、
英語でコミュニケーションを
とりたい、と思い英語を勉強して
いる人がこの国には大勢います。

やはり、英語が世界共通語に
一番近いし、たとえ中国語が
主流になったとしても、英語を
習得しようとする日本人は減ら
ないと思います。
実用性だけでなく、英語は
やはり「かっこいい」ですよね。
言語そのものはさておき、その背景
にある英語圏の文化、伝統、民族が。

英語圏の国から、ロック、ポップ、
ハリウッド映画、スポーツ、ファッション
が発生して日本に入ってきている
わけですから。

しかし、日本語でできないことが…

私は英語を教えて生計をたてています。
英語を学習したい人がいるから、
給料がもらえます。
ですから、この英語に対する熱意は
ありがたいことです。

英語学習者が中国語学習者に
なったら…. 私は… 困るな~(笑)
仕事がなくなるので。

だから、みんなに英語を一生懸命
勉強してほしいと言うのが本心です。

それをあえて認めたうえで、
英語習得を目指している方々に
「日本語でできないことは、英語でも
できない」、と私は言いたい!

つまりだ、日本語でも人に挨拶したり
自己紹介をしたり、初対面の人と
雑談を続けることができない人が、
英語を勉強したら、英語で雑談が
できるようになると思いますか?

日本語でも、パーティーに行って
知らない人に話しかけ、会話を
続けることができない人が、「英語」
を勉強したら、アメリカでPartyに言って
「英会話」ができるでしょうか?

皆さんはびっくりするかもしれませんが、
英語学習者の中には、日本語でも
自己紹介で何を言っていいかわからない
と言う生徒さん達が大勢います。
私は大学で英語を教えています。
その様な生徒さんは存在します(笑)

その人たちが英語を学んで、英語で
自己紹介や雑談ができるようになるとは
到底思えません。

まず、日本語ベースでの

コミュニケーションスキル、社交
スキル(social skill)を身につけて
ほしいですね。

授業をしやすくするためではありませんよ。
皆さんが、英語を実用的に使えるように
なるためにです。

まあ、英会話のテキストにもとづいた
疑似会話をすることで満足な方は
コミュニケーションスキル、社交
スキル(social skill)とか余計な
お世話でしょうけど (笑)

In conclusion

まあ、言いたいことは、
日本語でできないことは
英語でもできないと言うことです。

Please follow and like us:

カテゴリーのインデックス

英語は英語だけど

英語学習者が欲している情報を探しやすく
するために、英語習得分野別に分けて
インデックスを作ってみました。

関心のあるカテゴリー(分野)から気楽に
目を通して下さい。下記の項目をクリック
していただければ目的のページに移動します。

リーディング(読む)
リスニング(きく)
ライティング(書く)
スピーキング(話す)
発音 (執筆中)
文法 (執筆中)
語彙 (執筆中)

Four Skills

そう、最初はいわゆるFour Skillsです。
どの言語でもこの四技能が基本です。
4つに分かれていても、当然相互に関連していて、
独立しているわけではありません。

発音

その次の発音に関しては、読み書きしか興味が
ない人はあまり関係がないかもしれません。
しかし、私個人は、言語の一番の役割は
オーラル・コミュニケーション(会話による
意思の疎通)と思っているので、言語を
勉強する人にとって発音は大事な要素です。

発音ができなければ、相手に言っていることが
通じないわけですから。
また、発音をききとる事ができなければ、
相手の言っている事も理解できません。

文法・語彙は全にクロスオーバー

文法と語彙に関しては、当然四技能すべてに
関係してきます。
ただ、作者はこの二つのコミュニケーション
における重要性は全く異なると思っています。

このことについてはまたいつか書きたい
と思います。私、文法嫌いですから… (笑)

 

 

Please follow and like us:

リスニング(きく) – 会話に不可欠

人と話す時に必要なスキル

リスニングと言うと、学校の授業で
おまけ程度にやった記憶しかない
かもしれません。日本の英語教育では
それほど重視されてこなかったと
思います。

しかし、リスニングは重要な能力です。
重要どころか、人と話す時には英語に
限らず、不可欠なスキルです。
相手の言っていることがわからなければ
コミュニケーションは成り立ちません。
どんなにスピーキングが得意でも…

確かに人の話を聞きもせずに、自分の
ことばかり一方的に話している人もいますが…
ただ、こういう人達は決して好意的に
みられていませんが(笑)

いわゆる「英会話」においては、「話す」ことが
難しいと思っている人が多いのですが、
実はそれ以上に難しいのが、リスニングです。

どうしても、英会話と言うと話す方ばかり
目が行きますが、リスニングも同等に重要で、
難易度はスピーキングより上だと私自身は
思っています。

勿論情報収集にも

英語を勉強する理由の一つに、
日本語では手に入らない、英語でしか
手に入らない情報を得る事があると
思います。

新聞、雑誌、読書、そして現在はネット、
私達は「活字」から多大な情報を得ることが
可能です。これは「リーディング– 情報の宝庫」
でも書きました。世の中、活字の情報が圧倒的に
多いのです。
しかし、テキスト(活字)ほどではあり
ませんが、世の中音声の情報も十分あります。

ニュース、講義、スピーチ、レクチャー等
有意義な情報があふれています。
この多くがネット上にあります。
ネットを介して国境を越えて入ってくる情報、
やはり英語が多いですよね。
しかも、その多くが無料、ただです。
ユーチューブで大学の講義が無料で
みられる時代になりました。
PodcastでCNNやBBCの海外ニュース番組が
スマートフォンで聴ける時代です。

今これを読んでいる英語学習者の中にも
TEDとかCNNをネットでみている人上級者
がいるのでは?

私は音声だけですが、パソコンで仕事をしながら
CNNやNew York Times のポッドキャスト
をきいていますよ。
CNNでは日本ではあまり取り上げられ
ないニュースを連日報道していたり
します。

これをタイプしている今は阪神戦を
テレビでながしていますが….

私もリスニングには力を

私にはアメリカ留学希望の娘が
いるのですが、たまに英語を一緒に
やる時は、英語を一緒にきくように
しています。

私の考えでは、限られた時間に何か
英語をするとしたら、リスニングです。
もちろん、4技能に加えて文法とか
語彙も勉強できれば、それにこした事は
ありませんが… ひとつ選ぶとしたら
リスニングをやります。耳を鍛えます。

私は娘とTOEIC、TOEFL、英検のリスニング
問題をしたり、アメリカのテレビドラマ、たとえば
グリーとかを一緒に見るようにしています。
もちろん英語で、字幕なしで。

リーディング(読む)
ライティング(書く)
スピーキング(話す)

リスニング以外にも英語のスキルはあります。
全て積み重ねが大事ですが、一番こつこつ
としておかないとまずい、と私が思っているのが
リスニングです。 さぼったら一番致命的です。

リスニング力を向上させるのって
大変ですよ。詰め込みがききませんから。
本当に日頃の努力の積み重ねです。

結論


と言うことで、リスニングは大事であり
かつ、コツコツとやる必要があります。
そして、スピーキングより難しいですから
過小評価しないように(笑)

Please follow and like us:

このサイトについて

英語学習者の皆様へ

英語の勉強の調子はどうですか?
言語の習得って英語に限らず大変です。
もちろん、「習得」にもいろいろなレベルがあります。
しかし、実際に使える、意思の疎通ができる
英語能力を身につけるには相当な努力が必要。

当然ながら多くの学習者が、英語の習得のために
何をしたらいいのか、効果的な勉強法・学習法・練習法に
強い関心があると思います。

英語の習得に関する情報

このサイトでは、英語の習得に関する考え方、
役立つ情報、考察、アドバイス等を掲載します。
皆さんの英語ライフにお役にたてることを願っています。

ここでは、Web上でよくみられる、
「英語を身につけるのはこの方法がベストだ」
の様な事は書いてありません。

なぜならそんな方法は存在しないからです。

そんな実証された最適な方法があるのなら、
すべての教材、英語の授業、英会話スクール
が同じ方法で英語を教えていますよ。

私は自己啓発本を読む時には、一つでも役立ちそう、共感できる、
やってみようと思う情報、内容があれば儲けもんと思います。
1500円で購入した本に一つでも役に立ちそうな情報が
あればいいのです。そもそも、そう言った成功本は、作者の
経験に基づいて書いてあり、書いてあること全てが自分、
つまり読者に、当てはまるわけがないのです。

ですから、皆さんもここで書かれている事の中に
一つでも役に立つ事柄があれば、「得したな~」
と思ってください。
いや、「ものすごく得した」と思ってください。
そもそも、無料ですし(笑)

少しでも英語学習者のプラスになれれば、
少しでも英語の習得の戦略に役立てられれば、
私にとっての最大の喜びです。
さっそく情報を観たい方は下記をクリック

英語の勉強とは

 

私は何者?

私は英語を教えて生計をたてているものです。
いわゆる民間の英語学校(英会話スクール)で
20年以上、大学でオーラルコミュニケーション
を10年以上教えてきました。

私はアメリカで12年間過ごした帰国子女でもあります。
皆さんとは異なった英語習得の道を歩んできました。
英語を覚えざるをえない環境にほうりこまれて
サバイバルのために英語を身につけたのです。

ですから、ここに書かれていることは、自分の英語
習得の経験よりも、英語を教える仕事から得た経験
を元にした事柄の方が多いです。

Please follow and like us: